ホワイト餃子とは

ホワイト餃子とは

ホワイトギョーザの名前の由来

俵型でやや大きく皮が厚いのが特徴の「ホワイトギョーザ」
本店は千葉県野田市にある「ホワイト餃子本部」が発祥です。
本部店主の水谷さんが、餃子を教わったのが中国人の白福寿さんであることから苗字の白から「ホワイト」ギョーザという名前にしたのが由来だそうです。

ホワイトギョーザのおいしさの秘密

ニンニクなしで、キャベツやタマネギなどの具と調味料が入ったホワイトギョーザのタネのレシピは門外不出。ひたひたのお湯で煮焼くようにし、さらにそこへ大量の油を投入!
ゆっくり15分間かけて水分を蒸発させながら焼くことによって、表面カリカリ&もっちりの独特な食感が生まれます。キツネ色の焼き色がついた一つひとつ手作りの餃子は、中はアッツアツなので火傷にはご注意ください♪

こだわりの手作り餃子

新鮮なお野菜たっぷり
ホワイトギョーザ サガノ屋の餃子は、新鮮な野菜にこだわり、にらは栃木産、大豆は宮城県産の宮城白目など選び抜いた産地から取り寄せ使用しております。
毎日必要な分量だけを入荷する事で、常に新鮮な状態の野菜を使用しているので、甘みも食感も一味違う餃子に♪
最高の材料を厳選して作った餃子は、普通の餃子とは一味違う美味しさ!にんにくを使用していないので、女性やお子様にもオススメです!

宮城県産もち豚を100%使用!
ホワイトギョーザ サガノ屋の餃子は、宮城県産のもち豚を100%使用しています。
こだわり抜いた環境で、栄養バランスの整った数種類の特製飼料を食べてのびのびと育った、とても柔らかくきめ細やかな肉質を持つ豚は、豚特有の臭みが少なく、さっぱりとして甘味のある脂身や、深いコクと旨味が特徴です。

ホワイトギョーザ独自の生地づくり
ホワイトギョーザ独特の厚みのある餃子を作るためには、粉を万遍なく振り、幾重にも生地を重ね上げる生地づくりが重要です。厚みがある「ホワイトギョーザ生地」は、焼くとカリカリバリバリ感とモチモチ感を味わえる餃子になります。